カールじいさんを見る

ディズニーのアニメ「カールじいさんの空飛ぶ家」を見に行く。
高の原のワーナーマイカルシネマです。













おなじみ
バニーとトゥィーティーが
迎えてくれます。

トゥィーティーって、
オスのひよこなんだって、
知ってた?








悲しいオープニングだけど、カールとエリーの
出会いから結婚、そして悲しい別れまで、いい話にまとまっていて、
宮崎監督が絶賛しているのもよく分かる。
だが映画として2時間弱のストーリーを続けるには
悲しんでばかりもいられない。
亡くなった妻のエリーの願いを叶えるべく飛び立った家とじいさんは
ひとりの闖入者とともに南米の秘境に到着。
そこに現れるのは、そして、裏切られるのは
カールとエリーのかつてあこがれだった人。
ディズニーはひねくれ者。
いや、今のディズニープロがそうなのだね。
悲しみにとらわれず、過去に縛られず、今を生きよ、
といってるような気がする。
アクションもたっぷりで、子供も大人も楽しめる一編、
と日記には書いておこう。

このブログの人気の投稿

金沢の2日目、住みたい町になりそう

がんこだけれど、がんこじゃない

金沢再訪