東山の山麓を歩く

季節はまだ紅葉まで到達せず。
所により、ライトアップなど始まってはおるのじゃが。
まず、疎水べりを歩いて南へ・・・














こちらは知恩院山門。
 こういう、紅葉を覗く構図が好きだ。










なになに、このポスター?
なで地蔵がたくさんある。










興味があるのは手づくり作品。
 なりたての舞妓さん(?)もいて。










金魚の世話も大変どすえ。
 産寧坂。









軽トラックも走ったりして。
 ここで転ぶと起き上がれない、とか。










五条坂の入り口まで降りて来た。




 もう少し歩いて、七条まで到着。
きのうの出発点に戻って来た。








ここは国立美術館。



そして三十三間堂へ。



















いやあ、広いです。
三十三間堂はやはり大きい。

このブログの人気の投稿

がんこだけれど、がんこじゃない

金沢の2日目、住みたい町になりそう

鶴亀庵で会食