風立ちぬ昔の作家は今そこに

10月10日(月・祝)

 軽井沢の旅3日目。

 早朝、地名のもとになった「牛ケ滝」がすぐそこにあるというのでハイキングにいくことにする。といはいえ、セゾン美術館の前から1.5キロほど車道を歩くことになり、朝からそれもなんだから、ということで遊歩道入り口の駐車場まで車で行く。


 駐車場にはトイレも完備され、ここらは観光地として面目躍如。

 遊歩道は入り口に入ってすぐの所で通行止めになっており、管理用の車道を歩くことになる。それでもアスファルト道ではなく砂利を敷き詰めた道路なので、まだまだハイキング気分。


 ほどなく最後の木の階段を登り切ると滝の正面に到着。

 崖がえぐれており、上からのしかかってくるような迫力。水量もたっぷり。なかなかのものだね、と感激。
 結局歩いたのは往復30分強で、運動量はあがらない。ただ昨日ほど寒さは感じないので、ここらでも気温差はいろいろあるのだと思わせる。

 さて、宿に帰って朝食後にチェックアウト。

 きょうの行動開始はJAでのお買い物。
 なんと、行列の出来るJA。

 地元の産品を生産農家が直接持ち込んで販売しているようだ。
 まだ真新しい野菜を買い込んで出発。

 そこから2、3分のところに「ツルヤ」というスーパーがある。地元民をはじめ観光客らしい人たちも大勢いて、にぎやかなものだ。帰りの車の中で呑むだの、食べるだのとかまびすしい。

 それに大きい。これほど規模の大きな店は大阪、奈良でも少ないのではないか。
 とりあえず、昼飯になる食材を買い込む。
 お酒のコーナーも品揃え豊富なので、「千曲錦」なる、このあたりで作っているお酒を買って、これは正月まで保存・・・

 さて、軽井沢ともお別れ。
 その前に、帰り道にある追分宿に立ち寄る。

追分宿では地域イベントもあって、おおにぎわい。

 こちらは名作の舞台になったといわれる「油屋」旅館。
 いまは旅館としての営業はしておらず、今回のようなイベントで使われているそう。

 ひととおり村を歩いたので、見学タイム。
 手っ取り早く、郷土資料館でお勉強。


このチケットは「堀辰雄記念館」とセットになっている。
というので、記念館へ。



辰雄はこの書庫の完成をまたずに49歳で死去。
文学の街・軽井沢はここに尽きる。

さて、追分宿は北国街道との分かれ道。

「分去れ」という道標。
右が北国街道。
われわれは左から帰途につく。
 帰り道は遠かった。

このブログの人気の投稿

金沢の2日目、住みたい町になりそう

がんこだけれど、がんこじゃない

鶴亀庵で会食