落語でつづる上方文化

12月1日(土)

寿大学の発表会を観覧。
なんと大学祭ですぞ。


こんなに大勢のお年寄りを一度に見たのは、初めて。

きょうのお目当ては下の記念公演。 

どんちょうはやはり生駒山。

オープニングは落語の舞台を解説。

生駒亭きこさま、というそう。
演目は「米上げいかき」。

今の演目についてのあれこれを。

続いて「骨釣り」のさわりを。

次は出囃子や、鳴りもののお話。

いつもは脇にいる囃子方さんたちに
舞台正面に来て頂いて、
師匠さんたちの出囃子を5曲ほど。
小太鼓が大活躍するのを改めて確認。
米朝師匠の「三下がり鞨鼓」など、
いいムードだ。

最後の演目は「三十石」。
船頭さんの唄う舟歌がお得意。

市役所の職員さんだそうです。

このブログの人気の投稿

がんこだけれど、がんこじゃない

金沢の2日目、住みたい町になりそう

鶴亀庵で会食