松柏美術館で女性美を見る

5月3日(金・祝)

久しぶりに松柏美術館へ。
今回は「松園を魅了した麗しき女性美」ということで、
松園さんが描いた明治大正、江戸時代のヘアスタイルの変遷、
そして、着物や櫛笄などの小物まで。

「序の舞」の下絵なんかもあったぞ。


藤棚がきれいに。

エントランスの植え込みも。

今回は松園さんの日本画を中心に展示されている。
髪型の下絵などもたくさんあり、
かなりのこだわりをもって描いていたのが分かる。
かつらも展示されていて、
かつらの髪と、描かれた髪型が同じなのにびっくり。

美術鑑賞のあとは庭を散策。

大淵池がきれい。

このブログの人気の投稿

金沢の2日目、住みたい町になりそう

がんこだけれど、がんこじゃない

鶴亀庵で会食