生駒大社で茅の輪くぐり

2016年6月30日(木)

きょうで6月も終わり。
1年の半分が終わって、折り返し点。
と思っていたら、じつはことしの折り返しは、
7月1日だそう。

それはともあれ、6月の終わりといえば、
そう「夏越しの祓」。

半年の穢れを払いに、
茅の輪くぐりに行かねばなるまい。

ということで、出かけたのは生駒大社。


茅の輪もセットされ、準備万端。

拝殿でのお祓い。
前に来たときは誰でも入れたのだけれど、
今年は3000円。
後ろで見ておく。

人形(ひとがた)流しはよく聞きますが、
「麻布神事」というものがあり、
これは己の私欲私利をぶった切る、
という意味合いで、
細長い麻の布を縦に切り裂く、
ということもやっていました。

大祓いが終わったら、いよいよくぐります。

「水無月の夏越しの祓するひとは 千歳の命延ぶるというなり」
とうたいながら回ります。

さて、今年の半分の厄は祓えたかな。

このブログの人気の投稿

がんこだけれど、がんこじゃない

金沢の2日目、住みたい町になりそう

鶴亀庵で会食