ムサの世になりけり、は慈円のことば

2月25日(土)

 ケーブルテレビの催しで京都府城陽市まで。

 松平さんの講演会。

文化パルク城陽は立派な施設。


参加者はやっぱり中高年が多い。
保元、平治の乱を振り返って、
慈円が『愚管抄』に残した言葉
「ムサの世になりけり」
をテーマに、清盛の時代を解説、
懐かしの「そのとき歴史が動いた」を再現。


昨年の大河の評判を引きずって、
今回の「平清盛」は、視聴率は芳しくないものの、
これからはちゃんと大河ドラマらしくなっていくとの期待も。
清盛は政治的、軍事的、経済的にすばらしいものを持っていた、
それをあらためて楽しんでほしい、とNHKのOBらしい結びでお開き。



このブログの人気の投稿

がんこだけれど、がんこじゃない

金沢の2日目、住みたい町になりそう

鶴亀庵で会食