神戸の歴史を訪ねて

2月23日(土)

兵庫県立美術館へ。
「フィンランドのくらしとデザイン」
      〜ムーミンが住む森の生活〜
が評判だというので、のぞいてみることに。



三ノ宮まで行ってから岩屋へ引き返す。

美術館の屋上になにやら奇妙な物体が。

入り口にある民家を再現したモデルにはムーミン家族が。

さすがに多勢の人出。

絵メールが送れるということなので、
気に入った絵柄を添付して送信。


さて、美術館を出て、
今日は鉄人に会いに行く。
山陽電鉄・西代駅まで。
ここから10分ほど歩くと、JRの新長田駅。

ここにおられる鉄人28号さま。
見よ、この勇姿。

長田は今や横山光輝ワールド。
こんなふうに三国志も。
ちょっと盛り上がりに欠けるけども。

さて、気を取り直して、
2005年いらいの8年ぶり。
前にはこんなイオンタウンは無かったと思うが。

この兵庫運河の向こうに清盛の夢の跡が・・・

東尻池町から御崎まで、地下鉄線の地上を歩く。

御崎公園にある、ヴィッセル神戸の本拠地、
ホームズ・スタジアム。

さて、歴史めぐりはこの「薬仙寺」から。
清盛から、後醍醐天皇、戦災被害者碑まで。

運河を渡れば、清盛塚。

これが清盛塚。

兵庫大仏は能福寺。
誰かに似ている。

そのまま神戸の中心街へ。
着いたのは湊川神社。

まずは「嗚呼忠臣楠子之墓」の碑。
光圀の自筆、朱舜水の賛文。
この間、「光圀伝」を読んだばかりなのでよく判る。

社殿では結婚式もおこなわれていて。


あらためて、大楠公に拝礼。
幕末の動乱にも影響を与えた巨人。
「八重の桜」の関連人物かも。

最後に元町へ。
星占いに、外国ムードを味わえとあったので。
南京町へ。
ところが、通り雨が激しくなり。

やむなく、餃子で一杯。
4時前だというのにいつもの混雑ぶり。
酔っぱらって帰る。
 

このブログの人気の投稿

がんこだけれど、がんこじゃない

金沢の2日目、住みたい町になりそう

鶴亀庵で会食