生駒民俗会は古道を探る

2016年2月21日(日)

生駒民俗会の例会。

古堤道と呼ばれる古道を探索。
前半は生駒でなく、四条畷から始まる。

住宅街の横にある小高い山。
そこにあったのが「田原城址」

今はこんなお堂が残る。
城主はキリシタンだったと言われ、
お堂にも、そんな雰囲気が。

改めて見上げれば、
だいぶ高いところにある。

少し行くと「住吉神社」。



続いて、もうひとつの住吉神社。
「お松の宮」と呼ばれる。





最後に行くのが、
「稲蔵神社」
ご神体はこの「烏帽子岩」。
形が「烏帽子」だという。
でかい。


今回はここで解散。



このブログの人気の投稿

がんこだけれど、がんこじゃない

金沢の2日目、住みたい町になりそう

鶴亀庵で会食