神戸の春は風の中

5月6日(金)


 平日ながら連休の谷間に休みをもらって、きょうは美術鑑賞。
 3日に捻挫をしたこなぎグランマも、もう歩いても大丈夫そうということで出掛けることになった。
 墓参りのあと、生駒まで戻って少し待ってから乗り込む。
平日とはいえ、各停も快速も満員の状態。


 三宮まで行って、来た方向へ2駅戻る。
 ここが阪神岩屋駅。

 駅前は飲み屋やらパスタの店もあるが、少し浜の方へ降りると大きなビルばかりだ。
 そのビル街の一部のマンション前にパン屋さんを発見。モーニング扱いにしてもらって、100円コーヒーとパンをいただくことに。



 食後はそのまま歩道橋を渡れば兵庫県立美術館。


 カンディンスキーの名前はどこか頭の隅に残っている。なにで覚えていたのやら。
 テーマでもある「コンポジションⅤ」の現物がなかったのが残念。
 産経さんはどうもその辺があと一歩。

 さて、気を取り直して、目指すは三ノ宮。2.7キロぐらいだということで歩くことに。


 途中、いつもクルマで抜けてくる生田川ランプからの道に出て、山の上の方の新緑が美しく映えているのに感動、つい寄り道。

 さよう、神戸といえばハーブ園。
 布引きの滝を眼下に見る。


クイズラリーをしながら、中間駅まで下ろう。
 グラスハウス。
 クイズにもあった「愛」の像。
明るい店内でティーブレイク
 最後に8000本のチューリーップとお別れ。
少し寒かったけど、良いところじゃった。

さて、フラワーロードをくだれば三ノ宮。
少し向こうが元町になる。

 神戸凮月堂の向かいにあるギャラリー。
 KOZO SHIBATAKAさんはこなぎグランマの友達の旦那様。
ギャラリーの床一面に版画を並べて、一風変わった展示風景。


 芸術に堪能したあとは餃子と麦酒。

 あとでもう一軒寄ろうというので、ほどほどにしておく。
神戸の街の夜が始まった。
 ところで、帰途につく。
 

このブログの人気の投稿

がんこだけれど、がんこじゃない

金沢の2日目、住みたい町になりそう

鶴亀庵で会食