お彼岸は京都の墓へ墓参り

9月24日(日)

朝から京都へ。


こなぎグランマの両親たち親族のお墓である。


京都の高島屋で昼食。



ここは「東洋亭」。あとで調べてみると支店はあちこちに。
大阪の高島屋にもあるようだ。
行列の出来るレストランなので、早めに並ぶ。
ここの名物がハンバーグ定食。
トマトサラダはまるまるひとつのトマトが出てくる。

冷たくて柔らかくて、それでいてしっかりした実だ。
ハンバーグのほうはホイルごと焼かれたままで供される。
ホイルを切るとデミグラソースが沸騰している。


熱々のスープはスプーンでいただく。
こちらはこなぎグランマの「和風」ハンバーグ。
ジャガイモのバター焼きもまるごといただく。
北海道の味だね。


かえりがけ、一月半も早いが、爺の誕生日プレゼントを買っていただく。
前に新聞で見た、チタンの真空カップだ。



これで一杯呑むのが楽しみ。


さて、今日の二つ目の目的は美術鑑賞。
京都歴史博物館に到着。


今回はギッターズ・コレクションと銘打たれた
江戸時代に海外流出した絵画の里帰り展示会。
若冲を初め江戸時代初期から明治期までの絵画がたくさん。


歴史博物館の周囲はいつもフリマをはじめ
手作り工芸の小さな店が展示会を開いている。
木の器をさがして、若き芸術家たちと話し始めると長いぞ。


さて、コーヒータイムはマエダコーヒーの本店へ。
爺は「龍之介」という名前のブレンドコーヒー。
こなぎグランマはチョコレートパフェでご満悦。
 
早めに帰宅。
先週のこゆめのお食い初めのお礼に近所の神社まで散歩。

このブログの人気の投稿

金沢の2日目、住みたい町になりそう

がんこだけれど、がんこじゃない

金沢再訪