桜ふぶきに佐保姫のまぼろしを見た

4月14日(土)

雨上がりの午後
奈良の美術館を目指して
佐保川をさかのぼる



桜ふぶきが舞う
道路脇に駐車しているクルマには
はなびらがいっぱい

川辺ではお花見パーティーが大賑わい
花の名残を楽しんでいる
こちらは川路桜と名付けられた160歳の老桜 

大仏鐵道記念公園も桜の中



さて、美術館に到着
今回のお目当ては
「藤城清治 影絵展」
ピアノと小人と光と影
色彩と物語があふれかえった展覧会

桜ふぶきの中を通り抜けて
出会ったのは
佐保姫のまぼろしだったのか
 

このブログの人気の投稿

金沢の2日目、住みたい町になりそう

がんこだけれど、がんこじゃない

金沢再訪