河内長野で居合道大会

6月23日(日)

河内長野で居合道大会。
表紙にある「師厳導尊」とは、
尊いことを教えている師は厳しくなければならない、ということ。
また、師自身も厳しい道を歩めということだそうだ。
きびしーい。





空手の演武からスタート。
バット割り。
すさまじい。

居合形はいつもどおり。

わが無外流からは淀川支部の先生の写真を一枚だけ。

きょうのお弁当。
ごっつあんです。
ことしは室内楽の演奏なし。

林崎居合大神がスサノオの尊から
神伝を授受された図。
なるほど。

このブログの人気の投稿

金沢の2日目、住みたい町になりそう

がんこだけれど、がんこじゃない

金沢再訪