水無月の夏越しの祓えするじじい・・・

6月30日(日)

ことしの前半終了。
本当は7月3日が折り返しの日なのだけど、
6ヶ月の終りでちょうどよいのかな。

さて、6月30日といえばこれ。


ということで、生駒大社へ。

階段の下に茅の輪が設けられている。

手水場には茅の葉が置かれていて、持ち帰り自由。
皆さん、リースにしてお持ち帰り。


みなさん、くぐってます。

きょうは、希望者はお祓いしてもらえるので、登壇する。

ひとがた流しは、今では焚き上げになるそうだ。

人形を集める。

そのあと、祓神社でお祓い。

そのときは参列者全員で祝詞を奏上。

これ、なかなかむつかしいぞ。


もめんのさらしだが、
これは私欲を引き裂くというアピール。
まっぷたつに引き裂く。
でも私欲は引き裂けないと思うのは心の弱さか。

神事は終了、みんなで茅の輪くぐり。

「水無月の 夏越えの祓え するひとは
千歳の命 のぶというなり」と詠いながら、
左、右、正面、と3回くぐっておしまい。
行列はなかなか大変。

茅の葉は玄関に飾ることにしよう。
 

このブログの人気の投稿

がんこだけれど、がんこじゃない

金沢の2日目、住みたい町になりそう

鶴亀庵で会食