晴天の高野山で冬の名残を惜しむ。おまけつき


次の朝、目覚めたら快晴。
いやあ、昨夜は寒かった。

それにもめげず、
朝7時からは勤行、おつとめですな。
本堂まで案内してもらいます。
終わって、窓の外は春のような陽射し。


次に行くのは護摩祈祷。





専用の小屋がある。

陽射しがないところは
やっぱり寒い。




終わって朝食。







おもえば、昨夕からなにも食べていなかった。

さて、あらためて、昨夜の奥の院を再訪。










修行の僧の読経もいい雰囲気。











よし、山へ登ろう。
摩尼山へむかう。

高野三山という。
ところが、

霜柱。







そして雪。














摩尼山の頂上から下を見ると、
残雪の山道。
先に着いていた登山者はアイゼンまで装着している。
これはあぶない。やーめた。

ということで、
お接待の甘酒を頂いて、街の見学に方針変更。


苅萱堂。
石堂丸の伝説に、泣く。


金剛峰寺。
石の庭に感銘。


お茶とお菓子をいただく。

そして内部の古い厨房にもびっくり。






きょうはここで、高野山にはさよならです。

帰りの快速急行。


途中の学文路駅では
梅の花が
昨日とは大違いに開いている。






<おまけ>
家に帰り着いたら
こなぎパパがピアノのレッスンの特訓中。


指一本ではあきまへん。

おまけ、でした。

このブログの人気の投稿

金沢の2日目、住みたい町になりそう

がんこだけれど、がんこじゃない

鶴亀庵で会食