暗峠を越える前に少し寄り道

9月22日(土)

お彼岸のお墓参り。
帰りは、いつもの山登り。
枚岡神社はハイカーでいっぱい。
山ガールや、オールド山ガールも。

きょうは少し寄り道。
「慈光寺」への山道をとる。

少し入ったところにある廃寺。

ここからは山道。荒れている。

やぶこぎを強いられる。
真夏なら、ちょっと抵抗がある道。
足下も覚束ない。
なんか踏んだような気がしたが、
そこは知らんふり。
途中の池で魚釣をしている人を見てほっとする。

そして、開けたところに出る。
ここが髪切の里。
びっくりするくらい明るい村だ。

そこにあるのが慈光寺。

立派な山門。

本堂へ登る階段。
途中で彼岸花が出迎えてくれる。
正面は開山堂。

こちらが本堂。

こちらにも彼岸花が。
カエデ。天然記念物だそう。

寺を出て再び山道へ。
というほどのこともなく、
きれいな道だった。
400メートルと案内にあった通り、
あっというまに、見慣れた景色が。
なんだここは、いつも通っている暗峠じゃないか。
そうか、こんな分かれ道があったんだ。

おなじみの石畳。

少し下れば、刈り入れのまっさいちゅう。

きょうは南生駒へ降りよう。
いまや有名なおそば屋さん。

やはり南生駒は彼岸花がいっぱい。

途中で思い出したけど、今日はお休みじゃった。


とぼとぼと歩き続けて、
ここまで帰ってきた。
きょうは歩幅を小さくして登ってきたので、
17154歩の旅でした。

このブログの人気の投稿

がんこだけれど、がんこじゃない

金沢の2日目、住みたい町になりそう

鶴亀庵で会食